夢は夢のまま

教科書もマニュアルもない人生という学校で、共に学び、支え合い、卒業を目指すためのブログ。

小説『ひとりぼっちのあいつ』の感想

『ひとりぼっちのあいつ』(伊岡瞬著、2015)という小説を読みました。
新聞の書評で紹介されていて気になったのと、何となくタイトルに惹かれたというのもあります。

最近本を読むスピードが落ちてるので、厚めの本は避けてましたが、400ページ以上にひさしぶりに挑んでみました。うげっ。


ざっくりあらすじを書くと、ある特殊能力が使える男性(大里春輝)の人生と、ダメダメ若手サラリーマンの(宮本楓太)の人生が、楓太が春輝の能力を目撃したことで何度も交差していくストーリーです。


全体としては、春輝が特殊能力を持っていることで身に降りかかる悲劇として延々と語られている印象があります。
ですが、前半は春輝のミニバスケのレギュラー争いの話や女友達の家に初めてお邪魔して緊張してうんぬん、というところが青春小説みたいで結構好きです。



春輝が最初に自覚している能力は、物体を空中で静止できるといった能力で、初めは家族のみしか知られていませんでした。

小学生の頃、その能力を「秘密だから」と約束して彼が親友(小田尚彦)に見せたところから悲劇が始まります。(⬅この友人が結構くせ者……)

親友だと思っていた尚彦の裏切りにより、その能力が世間に知れ渡り、彼を利用しようと近寄ってきたり、彼が得をした出来事は全て「能力」を使っているからと非難の目で見たり、噂話を信じて好奇の目で見る者が現れます。


それが学校を卒業しても、就職しても延々と続き、職場に居づらくなっては辞めを繰り返し、果てはホームレスになるわで、結構読んでいてしんどいものがありました。
この辺りは、就職氷河期の頃の話とからめて展開されてましたので結構気になる部分でした。


春輝はホームレスになり、極力人との関わりを避けておりましたが、寝泊まりしている公園である傷害事件に遭遇します。
被害者(鶴巻)は何物かに首を刺されて血塗れになっていました。

春輝は関わりたくない一方で、過去に助けられなかった女友達のことが頭をよぎり、自分の力を試す意味でも鶴巻の傷口に手を当てました。

結果春輝の特殊能力は鶴巻の傷口を治すのですが、傷を治したことで、本人の意志に関わらず、好奇の目を向けられたり、利用しようとする近寄ってくることに拍車がかかります。



この小説ではお金の話や家柄や身分といった話が結構絡んでくるけど、そういう権力めいたものも言うなれば「魔法」のようなものだと思います。
お金が人を狂わせ、お金があれば何でも出来るとの幻想を抱かせるのかもしれないですね。

小説ではそういう人間の「負の部分」を書こうとしたのでしょうか。


でも、特殊能力を持つ息子を心配し支えていた春輝の母親や、特殊能力を持つ春輝を特別視せず友達でいようとした女友達(真澄)を次々に死なせてしまうストーリーはホントに救いがなさすぎると思いました。

最後に春輝の力で救った(らしい)鶴巻を、またしてもナイフで刺されて死んでしまうラストにするのも悲しすぎました。
力の副作用で喉の癌にかかってしまうという筋はありかな、と思うけど、病気で死んでしまう前にこういう形で死んでしまったら、彼を助けた春輝が救われないなと思いました。



ラストの終わり方は、「別の人が書いたのか?」というくらい、今までの悲劇がひっくり返ってしまっていて、無理によい話にまとめず、悲劇なら悲劇のまま突っ走ればよかったのにと思いました。



でも私が惹かれたタイトルは、よかったと思います。

何もなく幸せそうに見える人でも、皆誰にも相談出来ない秘密を抱えていて、誰もが『ひとりぼっちのあいつ』なんだろうなと思ったり。

それが何かのきっかけで出会って、親しくなって、何かあると放っておけなくなるーーー。


賛否両論ありそうな小説だけど、今まで私が読んだことがない感じの小説で、登場人物のキャラクターも立っていて面白かったです。



それにしても……。
この小説は書評をきっかけに読んだけど、書評って結構難しいとつくづく感じました。(~_~;)

親の面倒は誰が見るのだろう

f:id:tokIo:20170715095702j:plain

ここ最近の記事で、一人暮らししている私の兄が家にやってきてうんちゃらと話してましたが、先週末にも来ました。

そのせいで疲労感MAXな一週間でした。
今は山の頂上から「バカ兄貴ー!!!!!」と叫んでやりたいぐらいです。


というのは。



私は現在母と生活しておりますが、母は30代に見つかった病気でずっと通院してるわけです。

今日明日の命に関わるような状態ではないけど、無理をしたら危険であって、通院しながら薬を飲んで様子を見るしか方法はないらしいのです。


今より医療技術が進歩していない時代だったので定かではないのですが、母の実父は恐らく似たような病気を患っていて、家族を養うために無理して働いて33歳でこの世を去りました。



私は幸い丈夫に生んでもらったらしく、今まで大病を患ったことはないですが、母に無理をさせるわけにはいかないのでせこせこ働いております。

でも、私の所得だけでやっていくのは結構かつかつで、家事とかそういうもんは私がやるので、兄には生活費を助けてもらっていました。




それが先週兄が家に来て、今後は生活費は出せないと言われました。
理由は「結婚費用を貯めるため」ということらしいです。

今は「何かあった時のため」と近くに住んでおりますが、将来的には彼女の家の近くに住む予定でいる
らしいのです。


これだけ聞けば「仕方ない」と分かる話でもありますし、兄には幸せになってもらいたいと思っていたので、「代替え案」を考えなければという話にもなるはずでした。



でも話を聞いていると、「親が自分の幸せを阻んでいる」ような言いようで、妹と協力して母の面倒を見ていこうという思いより、妹に全部押しつけてでも幸せになりたいという感じでした。

お金の面については「生活保護を受けてくれ」と言われました。




前回兄が私の今を見て、「私が幸せそうじゃない」と言って心配してくれてるのかと思って号泣してしまいましたが、その涙を返せ!と言いたくなる。

今思えば私がちゃんと定職について、母の世話をして欲しいがための口実だったのかもしれない。

世間の普通の女性だったら、これじゃ婚期を逃すかもしれないと心配したりするよね。




私が腑に落ちなかった話は、兄の彼女についても。

兄を通じて聞いた限りでは、経済的に兄に全面的に頼らざるを得ない状況ということなのです。
今の時代、男性一人が家族を養える収入が得られるわけではないので、彼女にも少しでも協力する覚悟をもって支えて欲しいのです。

兄が高給取りなら何も言わないけど、そのうちキャパオーバーするのではないかと本気で心配したのです。


兄はただでさえ沸点が低いので、「お前のようなヤツに言われたくない」とキレて話が終わりました。
「お前のようなヤツ」というのは、この前私が「発達障害」かもしれないと話したからだと思うけど。


今まで兄は「そういう人」だったから、今更驚いたりはしない。

私が大学入試に落ちまくって入った大学を「三流大学」と何度も馬鹿にしてきたし、私が働いてない時は「無職のくせに」と何度言ってきたことか。



何か、もう何がよくて、誰が正しいのか分からなくなりました。
私は古い頭の人間で、もっと柔軟に考えればよいのかもしれない。

でも何だろう……。解決出来ない心に残った大きな失望感。




確かに親の世話に縛られて自分の人生を生きられないのだとしたら、不幸かもしれません。

「子供は親の面倒を見なくてはいけないのか?」


と何度も自分の中で考えても、答えが出ませんでした。



最近では「子供に面倒はかけられないから」と、身の回りの準備をしている親御さんも増えてきていると思います。
その一方で、男女問わず親の介護のために離職している人の話も新聞で読んだりしました。


私は「すべき」かとかは分からないけど、母が子供のために自分がやりたいことを我慢してきたこととか、私が学校でいじめにあった時も味方でいてくれたとか、そういう思いがあるから、頑張ってるだけだと思います。

この世のどこかに生きているであろう父親に関しては、世話をしろとお金を積まれても断固拒否するかもしれない。


何が「正しい」かなんてないんだろうね。




うちのごたごたをブログに書くのもどうかと思ったのだけど、ブログでたまに社会問題的なものを取り上げたいと思ったりしてるので書いちまったよ。


兄の友人は大手企業とかに勤めてる人とか多いけど、そういう人たちに劣等感を抱き、私のようなヤツを馬鹿にして優越感を抱いてる状態が幸せとは言えないんじゃないかと思うよ。

幸せとは自分の心に正直に向き合って、その欲求に応えていく自己満足の世界だと思うのだけど。
貧乏だけど、そういう意味じゃ私は幸せの内にいるのかもしれない。

私は仕事ができないけど

7月から、今の私の仕事の担当が増えました。
時間内に処理しきれず、この一週間てんやわんやになっておりました。

前の職場で、仕事量が増えていき処理しきれず、だるまのように膨れ上がっていった時の「焦り」の日々を思い出したりしました。



でも今の会社では、仕事を教えて下さる先輩が、私の仕事の進捗状況を見たり、新しい仕事の習得具合で仕事を振る量を調節して下さるのがだいぶ違う点かなと思います。
取りあえず今の新しい仕事は、私がホントに「ヤバイ」となったら考えようということになっております。



以前は、私がどんなに仕事で困難が発生しても同僚も上司すらも見て見ぬふりで、大問題が発生してから一斉に責められるような毎日でした。

今の状況から振り返ると、問題が小さいうちに相談出来る環境であったら防げたところはありますし、今よりもっと膨大な量の仕事量で、そんな環境は私には無理だったのだろうと分かります。



TVで『ウチの夫は仕事ができない』という新しいドラマが始まりました。
タイトルからして、私のようなタイプの人の話だろうと察して見てみたら、やはりそんな感じでした。

主人公の夫が直面する仕事でのトラブルが痛いほどよく分かる。



最近でも今の仕事の先輩にめっちゃ言われたことですが、「自分のよかれ」と思ってしたことが、「会社のよかれ」とは違うということなどなど……。
ホントこういうタイプの人は裏表がない分、上手く立ち回れなくて損をしたり、とにかく不器用一直線なんですよね。


これはドラマだから、そういう夫に対して理解して支えようとする妻がおりますが、現実は相手に「こうあって欲しい」と、色々期待してしまって上手くいかないもんだから難しいところなわけで。


私は自分が不器用なタイプだから、同じように不器用そうに生きている人のことが気になってしまいます。
私には結婚は程遠い話だけど、たまにそういう不器用な人を自分が結婚相手に選んだらどうなるだろう、と空想したりもします。


私と同じように仕事で苦労するかもしれないので、無理して合わない環境で疲弊して欲しくないと思いますが、生活していかないといけんので、お互いに出来る仕事を見つけて食い扶持を稼がんとならんからね。

大金稼げなくても、お互いが精神的支柱になって助け合う意志があれば何とかなるんではーと思ったり。
あくまでも理想論ですが……。



ドラマとは「時代を映す鏡」の要素もあるので(←以前より影響力は弱まったけどね)、こういうタイプの人を取り上げるということは、身近な話として受け入れられる時代だからとも言えるのかもしれないですね。

今は「瞬時の判断力」とか、「応用力」とか、高度なビジネススキルを求められる仕事が増えてしまって、それに適応出来ない人にとってはかなり生きづらいかもしれません。



今の私の仕事はまだかなり「アナログ」な部分があって、キャリアを積むという点では難しいといえるところがあります。

でも色々仕事をしてみて、勿論仕事内容も大切なんだけど、「誰と仕事をするか」が仕事を続ける上でかなり重要だなと実感しております。
あと、人が羨むような仕事かどうかよりも、自分に合った職場環境を選ばないとしんどい、とかね。



ドラマの第一話で夫は仕事を辞めようとして退職願を書くのですが、妻の妊娠が分かったり、自分が仕事が出来ないことを打ち明けた時に、妻がそういう夫でも受け入れようとしてることでもう一度仕事を頑張ろうということになりました。

ドラマがどういう方向で展開していくか楽しみでもあります。

2位じゃダメだけど

7月2日、国政を左右する選挙が行われましたが、私が応援していたキャラクター「ポムポムプリン」の「サンリオキャラクター大賞」の結果の発表日でもありました。



今年1位を取ればV3達成という記録がかかっておりましたが、結果は……。




「2位でしたっ!(>_<)」



とても残念であります。

私が小学生の頃は、よくサンリオショップに連れていってもらっていたのです。
そこで「ポムポムプリン」と運命的な出会いを果たし(笑)、それから21年目のファンです。



これまで安定的に人気を確保してきたのか、というと決して平坦な道ではありませんでした。

f:id:tokIo:20170703010102j:plain
去年の「ポムポムプリンだいすき展」より



私が大学生の頃だったと思いますが、サンリオショップからポムポムプリンのグッズが途端になくなったのです。
お店の人に聞いてみたら、「生産中止」の一言が……。

上に載せた写真のランキング圏外の時期と重なります。



世の中「結果が全て」な部分はかなりあると思います。

TVの視聴率から、本やCDの売上数や曲のダウンロード数、YouTubeの再生回数やツイッターのツイート数など、あらゆるモノの評価が「数値化」されています。


その数が多ければ多いほど「支持されている」とみなされ、新しい仕事も舞い込んできます。
しかし、票を獲得できなければ干されていってしまうのが現実です。

私はこんなにも「ポムポムプリン」が人々に支持されてないんだなぁ……とがっかりな心境でした。



私はファンだから、他の人が支持しようがしまいが応援し続けるだけなんだけど、でも、大勢の人に求められなければグッズも減り、イベントも行われず、市場から閉め出されてしまいます。



でも数年前から徐々にグッズが店頭に置かれだして、復活の兆しを感じ始めたところ、キャラクター大賞で1位を取り、去年の20周年イベントも大勢の人が訪れていて感無量な感じでした。



やっぱり目に見える結果が全てのところが多いのだけど、自分が好きなもののであれば、ファンであり続けるのは大事かなと思います。

自分の好きな音楽でも漫画とかでもよいし、人物とかでもよいけど、他の人の評価に捕らわれず、自分が「よい」と思うものを自分の目で見て信じていくべきだと思います。



f:id:tokIo:20170703004405j:plain
ポムポムプリンが集まればキングポムポムプリンの出来上がり♪


f:id:tokIo:20170703013128j:plain
ミスタードーナツを買うともらえるお皿

私の知らない私

先週、いつもの美容室に髪を切りに行きました。

少しずつ髪を伸ばしているので、長さはあまり切らず形を整えてもらう程度にしました。


いつも同じ方(店長さん)に切ってもらっているのですが、ふと彼を見て、
「落ち着いたな~」
と感じるようになりました。
初めて会った時は「チャラいあんちゃん」風だったもんで。(⬅しつれー)


何だかんだいって今の美容室に行きだしたのが、私が中学生の頃なので15年以上は付き合いがあるのですね。
気がつけば家族の次に付き合いの長い方になってしまいました……。


その間に色んな出来事があったなと。
色んな店員さんが入ったり辞めたり、彼が結婚してお子さんがいると私の母経由で聞いたり(⬅同じところに行っとるのです。)と。

歴史を感じると共に、「お互い年を取ったな~」と年寄りじみた感想を抱いてしまいました。



今回は毛先を巻いてくれて、今までやったことのない感じに仕上がりました。
基本私は「あ~して、こ~して」と言うのが苦手なので、いつも大体の長さを伝えて、後は丸投げです。

私は今まで美容室に行ったらある程度の短さに切ってしまっていたのですが、ホントはロングヘアーの方が好きで、こういうウェーブヘアーもやってみたかったので嬉しかったです。

まるで「新しい自分」を発見したような。



髪型が完成したら店長さんから、

「後ろ写真撮っていい?」

と聞かれ、

内心「えっ?(@_@)」となりました。



「こんな髪型もできますよ~」資料にでも使うのでしょうか。
正面じゃなきゃ顔写んないからいいか、と応じました。

レフ板?やらデカいカメラを持ってきてビビりましたが、こういう機会なんて滅多にないのでそれもありかなと思いました。


以前東京の表参道付近を歩いていたら、

「カットモデルやらないかい?へい!」
(←実際そんなノリではなかったけど)

と言われたことがあって、そん時は怖くて「すみません」と逃げてしまったのですが、逃避せず、頭皮ぐらい貸してもよかったなと今では思ったりはします。



少し前に『仮面ひきこもり』という本を読みましたが、自分が思っている自分と、相手が見ている自分がかけ離れてるとツラいなと考えたりしました。

私自身学生の頃は特に、相手に嫌われないように、とか周りのことを気にして自分を合わようとして、窒息しそうな毎日でした。
年取った今でもそういう傾向があるかと思います。


そうしてがっちがちに自分を縛っていると、「自分が出来たかもしれない何らかの可能性」を自ら潰しているのかもしれないとふと思うのです。



行き詰まっている時に、ふと自分が隠している、もしくは気づいていない自分の姿を他人にふと発見されるようなことがあります。

ブログやツイッターなどをされている方は、自分が発信した情報に対して意外な反応をもらって、新たな自分を発見するような経験をされた方もおられるかもしれません。



今回髪を切ってもらって、付き合いの長い店長さんが意外と「職人気質」だなと初めて気づきました。
自分の思い描く完成像があって、その作業をしている時は誰にも手を加えて欲しくないーーみたいな。



同じ人をずっと見ていると、色々変化していくのが悲しかったり面白かったりします。
それが生きているということなんだろうと思ったり。

生きることに悩んでいる方には、自分がどういうヤツなのか模索して、自分の可能性を試して欲しいと思いますし、私自身も「私の知らない私」をひたすら探りたいと思います。

心身は唯一無二の相棒

f:id:tokIo:20170625003929j:plain

前回の記事を書いた頃は、精神的にかなり落ちていたんだなと思います。
風邪も引いたり、仕事も忙しい状態が続いたから、体がかなりやばってたんではないかな。

体が弱ってくると気弱になるし、気弱になると体の調子もよろしくなくなる。
心身の状態は常に影響し合ってる感じがしますね。
「病は気から」ともいいますし。



そんな状態の時に兄が家に来て、「幸せ自慢」をされてしまったもんだから、余計にへこんでしまったのですよ。きっと。



ここ最近は仕事が忙しくて、帰ったらそこいらで寝てしまうことが多いのです。

最近ニュースで宅配業で働く方の長時間労働が問題になりましたが、やはり人手不足問題は今の日本では中心的な問題になってますね。


聞くところによると私が働いている部門は、以前はもう一人多い人数で回していたようですが、今後は増えることはなさそうです。

人員を増やしたくても、人件費をかけられる程の収益が確保出来ないという問題があるのかもしれないです。

まあ以前の職場の仕事量に比べれば、まだ頑張れる範囲なのかなと思って必死こいてます。



でもね。息抜きしないとダメね……。



兄の「幸せ自慢」はかなりツラいものがありましたが、「兄が感じる幸せ」と「私が感じる幸せ」は違うわけで、自分の生き方を改めて考える機会にはなったかなとは思います。



人生のうちに老若男女問わず、気が合う人が一人でもいて、お互いに生きていることで生じる楽しさや苦しさを分かち合えるのは素晴らしいことだと思います。

では、そういう人が誰もいないからいけない、とか、不幸か、と改めて考えてしまうと、どんどん自分を追い込んでいくだけなんだと思います。


そこでただ単純に、「今やりたいこと」を、「あれこれ考えずにやる」。
それくらいシンプルに考えればよいのかなと思えたのです。



あじさいの写真が撮りたいから撮りに行き、
ミスチルの『HANABI』が聴きたいからCDを借りに行く。



時間がなくても、体力がなくても、体力を補う気力に限界が来なければ引退しなくてもよいのですよ。



体を動かして行動すると、やはり心も引きずられてアクティブにならざるを得なくなる感じですね。


悩みの中にいるなら、取りあえず体を動かす活動を
することが大事だと思います。

文字通り「運動」でもよいし、「部屋の片付け」とか何でもよいのだけど、とにかく「やりたい度」が高いものがよいだろうね。


いつも楽しい状態ではいられないけど、心身は「唯一無二の相棒」として、上手く付き合っていくしかないですね。

一緒に生きるということ

昨日一人暮らしをしている兄が家に来ました。

今までそんなに頻繁に来る感じではなかったのに、先日家に来てからそんなにたたずにやって来ました。
どうやら話があるとのこと。



先日家に来た時に兄の友人達の結婚話があって、独身の兄を思って私はそれから、「兄が結婚するためにはどうしたらよいのか」と漠然と考えていました。(何やってんねん。)



「今の女性は何を求めているのだろう……。」



よく女性は男性に「経済力」を求め、男性は女性に「若さ」を求めるといいます。

それは老後の生活のこととか、将来子供を持つことを見据えてのことだと想像は出来るのですが……。

子供に関しては、なるべくリスクを少なくして子供を生みたいとか、子供にかかるお金なんてめちゃんこかかるから、少しでも収入が多い方がいいとか。



兄は高給取りでもないでしょうし、見た目も美男子というわけでもなく、身長も160cm台で決して高い方ではありませぬ。
「条件」だけで判断されてしまうと、厳しいなぁと思っておりました。



で、兄からの話というのは……。



「今付き合っている人。」
と、写真を見せられました。


「へ?」


「将来的には結婚したいと思ってる。」



正直驚く気持ちはありましたが、若干察しはついておりました。

兄の性格が最近穏やかになったと感じていたこと。
身なりに気を配るようになったこと。
先日夕食を一緒に食べたら、今までそんなことあまりしなかったのに、お皿を洗って帰ったこと。


それらの「変化」に、どこかで頭を打ってきたのかと驚きつつ(笑)、きっと「こういうこと」なんだろうなとは思っておりました。


まだ先はどうなるか分かりませんが、私は兄が幸せそうで安心しました。
母は幸せを願いつつも寂しそうな、複雑な心境だったのかと思います。




「で、お前はどうなの?」



と聞かれ、不意打ちを食らったような形になってしまいました。



「何かお前を見てると「修行僧」みたいだからさ。」



要するに、端から見ると「幸せそうではない」ということでした。

私にとって、「今幸せか?」と聞かれるのが一番堪えるのです。



兄には分からない。
母にも分からない。



父親だったら、少しは分かるかもしれない。

前の職場で上手くいかなかった時に、
「もしかして「普通」じゃないんじゃね?」
と感じたこと。

あまりにも周りの空気が読めなくて、要領が悪くて、人の気持ちを察することが出来ない……。

それから発達障害の本とか読み漁って、周りには分かってもらえなくても、そこに「生きづらさ」の原因を求めることが出来たこと。

父親とは12年ぐらいしか一緒にいなかったのに、思い出す記憶の随所に私と「同じもの」を感じてしまったのである。


よく自分が発達障害と分かった方の中には、「生きづらさの原因が分かって良かった」という方もおられるが、私はそう感じなくもなかったけど、
「もう「普通」では生きられない」
と自分を追い込む形になってしまった。

だから病院とかも一度は予約したのにやめてしまったことがある。
はっきりさせたい思いと、はっきりさせたくない思いが心の中でずっと葛藤している。


過去にいじめにあったことや、人間関係が上手くいかなかったことや、親に怒られまくって自尊心が見出だせなかったことなどが、自分の中で大きな塊のようなものになってしまっている。


こんな負の感情に支配されたまま生きる人生を終わりにしたいのに、これから先も新しく人と出会ってはトラブルを巻き起こしていくのだと思っただけで絶望的になってしまう。



母とは何度も言い争いが絶えないので、自分は障害かもしれないと話したことがあって、最近では関連の番組とかも一緒に見たりして、少しは分かろうとしてくれている部分を感じたりはしている。

でも……。


こんな面倒くさい状態の自分を支えて生きていくのこそ面倒くさくて、自分のことだけで精一杯になって周りに対して何も出来ないことの罪悪感を感じるのです。


誰かと一緒にいること、誰かと一緒に生きることとは「その人が背負っているものを一緒に背負うこと」。


私はきっと自分のことで精一杯。
それどころか相手に負担をかけすぎて倒してしまうかもしれない。



それでも私が兄の幸せを願うように、兄も私の幸せを願っていて、それを諭すように言われてしまった。

私のことは放っておいて欲しい。
兄が幸せならそれでいいから。


でも兄も母も、私が叔母のように自己破壊的に生きて死んでいくのを許してくれなかった。

それは「家族」だから。




結婚の条件うんぬんと世間では言われてますが、相手の背負ってきたバックグラウンドを背負えるようになったら、「その時」がくるのかもしれません。


私は今生きていることだけで精一杯になっておりますが、自分と同じような症状で苦しんでいる方の理解が深まり、支えていけるように強くならねばなりませんね。