読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夢は夢のまま

教科書もマニュアルもない人生という学校で、共に学び、支え合い、卒業を目指すためのブログ。

今、この時を大切に

生き方・ライフスタイルについて

先日、来年の手帳を買いに行きました。
いつもこの時期に買っていて、毎年「1年が早い!」と思います。(^_^;)


初めの方のページをめくると来年と再来年のカレンダーが載っていて、「んぐっ、平成30年!?」ってなりましたよ。
もう再来年は平成30年なんですね~。
とても平静ではいられない。(笑)


今はスケジュール管理なんて携帯で出来るので、手帳を使わない人もおられるのではと思います。


私の手帳の使い方は主に「備忘録」という感じです。
先の予定を書くことはあまりなくて、終わった出来事なんかを書いておく。
例えば旅行でなんちゃらに出かけた、とか家具や家電をいつ購入したかなど。
衣替えや冷暖房機器を出した日付なども書いておく。(そんな人私以外におらんだろう…)

そうすると来年の同じ頃に見返したりすると、
「この時期に衣替えしておくとよいな~」
と参考になったりしております。



私はweb上でブログを始める前からアナログの日記をつけていて、例えば新聞記事で気になった話や意見を切り取って貼っつけて、それについて自分のコメントを書いたり。読んだ本や見た映画の感想なども覚えている限り書いたり。

あとで見返すとたまに参考になったり、「この時の自分は何を言ってんだ。(笑)」となったりします。


今思っていることは、まさに今の自分が思っていることなのだけど、あとから振り返るとタイムカプセルから手紙を掘り返してきた感覚になるのが不思議です。


写真や絵なんかもそうだけど、一瞬一瞬の感情を記録しておくことは大事だなと思います。
目に見えるものももちろんそうですが、言葉なんかもそうではないかなと。

私には今離れて暮らしている祖母がいて、たまに電話で近況など話したりします。
私から話すのは大抵仕事でしごかれてる話がほとんどで(ホント申し訳ない…)、それに励ましのコメントをもらったりする。

あまり考えたくない話ですが、「あと何回こうして話せるかな…」と思うこともあります。
それもあって母にも「今のうちに言いたいこととか聞きたいことがあったら聞いといた方がいいよ。」なんて言うこともあったり。

同じようなことを話していた矢先に叔母(母の妹)が亡くなったこともあり、生きている間に自分の思いを伝えておくのはホントに大事だなと思いました。


あと2ヶ月ちょっとで迎える平成29年ですが、先のことは分からないです。
これから先の生き方について考えないといかんのですが、今はしばらく出来なかったこと(小旅行とか片付けとか?)、とりあえずやれることをやれる範囲でやっていこうかなと考えておるところです。

来年も生きてブログを書いていたら宜しくお願いします。