読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夢は夢のまま

教科書もマニュアルもない人生という学校で、共に学び、支え合い、卒業を目指すためのブログ。

検索で上手く調べられない時は

先日家で使っている炊飯器が壊れてしまいました。

どこのメーカーのものがよいか調べようと検索バーに「おかま」と入力したら、「新宿二丁目」と出てきて「はにゃー(・・;)」となりました。

検索結果を見て、検索バーに「お釜」もしくは「炊飯器」と入れないと全然違う方向に行ってしまうのだと改めて気づいた感じでした。


以前から、調べものをしようと検索バーに色々入れても全く必要な情報に辿り着けないということが結構ありました。
図書館に行く時も「こういう内容の本が欲しいな♪」と思って行くのに、思ったような本が 手に入らずしょんぼりして帰ってくることもあったり…。


大学で司書の勉強をしていて、課題で本のタイトルから十進分類の番号をふるということもしていたので(本の背表紙についている3桁(以上)の番号のやつです)、本を探す時はある程度当たりをつけて棚のところに行くのですが、思った分野のところになかったりもするのです。

実際に「都電の歴史」の本を探していた時、「交通、運輸」の分類のところにいったら見つからず、地域資料の「東京都」のところにあった時は「そっちかい!」となりましたよ。


検索する時も、調べたい事柄に辿り着かない時は分解してみるとよいと思います。
例えば「タオル」(⬅目についたので(^_^;))とかだったら、連想されるものが「繊維、生地、雑貨、今治……」とか色々挙げて検索してみるとか。


この集めた情報を「一つのテーマ」に搾って書く作業の一つがブログなのですが、これがまた難しいです…… 。
私の場合、一つのキーワードから出てきた情報を全部入れたくなってしまうので、「何が言いたいねん!」という文章になる傾向があります。
インプットする技術とともにアウトプットする能力も頑張って鍛えたいと思います。(笑)