読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夢は夢のまま

教科書もマニュアルもない人生という学校で、共に学び、支え合い、卒業を目指すためのブログ。

生きるとは自分の可能性を最大限に伸ばすこと

f:id:tokIo:20161224164143j:plain

最近何かと忙しかったり、精神的に余裕がなく、ブログの更新が出来ませんでした……。

一番何がツラいかというと、無職の状態からくる「焦り」があるかと思います。


仕事を辞めてからずっと転職活動をしておりますが、正直芳しくないです。
年齢が若くないので、まず応募できる企業が前回の転職活動時より少なくなり、それだけで気持ちが薄暗くなるのです。

書類選考も以前より通りづらくなり、面接をしてもらえても、担当者の方から心ない対応や言葉遣いをされたりしました。
やっと決まりかけた就職も、いざ働こうと思ったら、聞いていた条件と違っていて就職を諦めたりとかなり落ち込んだりもしました。


私は、
「好きで何回も仕事を辞めたわけではないのに!」
「ささやかでも生活が出来るくらいに暮らしていきたいだけなのに!」
と思います。

親も体が弱いし年だってとっていくので私が養っていかなければいけないし、大学は奨学金を借りて行ったので、それも返していかなければなりません。

経済的にもあまり余裕がないので、「このまま食べられなくなって飢え死にかしら……」と考えたりもしました。


仕事は「選ばなければ何でもある」と言います。
でもすぐに辞めなければいけなくなるような職場はもう卒業したいです。

そんなことを考えてばかりいて、夜も寝れなくなることもありましたが、最近は少し落ち着きました。



思えば私のこれまで人生は、悪くなることがあっても良くなることはなく、次々にツラいことばかり
でした。
友人の方が経済的に恵まれていて、自分で学費を払わずに大学にもいけるし、好きな仕事に就くための学校にも通わせてもらえる、と羨ましく思う時期もありました。




欲張っても叶わぬものは叶わぬのです。
自分は「今あるもの」で勝負するしかないのです。

経済的に裕福でなくても、機転が利く頭がなくても、誰とでも打ち解ける社交性がなくても、自分の今持っている能力で生きていくしかないのです。



「生きる」とは「自分の持っている能力を最大限に伸ばすこと」
と思うようになりました。

何度も人生を諦めようかと思うこともありました。

けれど、何もせず死ぬのも、何かをして死ぬのも同じ死ぬには変わりありません。
何も尽くす手がなくなるまで、「まだ何か出来るんじゃないか」と自分に問いかけて、自分に残された可能性を伸ばしてやるのが己がすべきことなのではと思います。

いつか闘い疲れて倒れるまで頑張っていこうかと。



少し前までずっと沈んでましたが、サッカーのクラブワールドカップの決勝戦を見たらすっ飛びましたよ。(笑)
「勝てないに決まってる」ムードを一気に吹き飛ばすような見事な試合でしたね。
(私はサッカーについてはど素人なのですが、母がサッカーファンなのでつい見てしまいました。(^_^;))