読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夢は夢のまま

教科書もマニュアルもない人生という学校で、共に学び、支え合い、卒業を目指すためのブログ。

チョコの話をちょこっと

f:id:tokIo:20170204205125j:plain

母からチョコレートをもらいました。
来週はバレンタインデーですね。

日本でのバレンタインデーは元々女性が意中の男性にチョコレートを贈るものでしたが、「義理チョコ」に始まり、最近は「友チョコ」とか「自分チョコ」なるものが発生しておりますね。


私の家では確か小学校1年生ぐらいに、一度母とチョコレートを手作りして兄にあげたことがあります。


が。



食べないんですよ。アニキ。(~_~)
甘いもんが嫌いで、あげたチョコがずっと放置されておりました。

そんなんなので 、
「もう、チョコなんかやるかー!」
っとあげなくなりました。



昔「ビックリマンチョコ」といって、チョコ入りのウエハースとキャラクターのシールが入っているお菓子があり、母がよく買ってくれていたのです。

が、兄はカッコいいシールばっか持っていって、私はウエハース担当にさせられてました。
お菓子好きだったのでいーんですが、キラキラのシールとかくれなくてむくれてました。(笑)

何となく男性は甘いものが苦手な人が多いイメージがありますね。



私はバレンタインデーなどはほぼ同性にしか渡したことがありませぬ。
小学生の頃はくま(^(工)^)とか☆形のバラ売りのアメを買ってきて、ラッピングして友人に渡したりしておりました。(当時ラッピングとか大好きだったもんで。)

友人は放課後とかに個別に男子の自宅に渡しに行ったりしていて、当時は「渡す相手がいるなんて羨ましいなー」とちろりと思ったりしておりました。



最近はバレンタインデーなんて、「ちょっと特別なチョコとかお菓子が売り出される日」ぐらいにしか思っておらんです。
「本命」にしろ、「義理」にしろ、もらえる人ともらえない人と分かれてしまうなんて、何かせつないじゃないですかー。

特に友達同士で渡している人達で、「私もあげないと仲間に入れてもらえない」とかになってくると、苦痛以外の何物でもなくなってきますからね……。


私はプレゼントするのとか結構好きなんですが、あげるなら喜んでもらえるのが一番ですよね。