読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夢は夢のまま

教科書もマニュアルもない人生という学校で、共に学び、支え合い、卒業を目指すためのブログ。

ブログとは一体何なのだろう

f:id:tokIo:20170312141229j:plain

私がブログをやり始めて半年がたちました。

「あっ、もう半年?」
というより、
「まだ半年なんだ……。」
という感じです。



私はこのブログを始めるまで、他のSNSやらをやっておらず、mixiぐらいしかやったことがありませんでした。
そのmixiですら、大学の友人に誘われたからであって、自発的に「何かを発信しよう!」という動機ではありませんでした。


携帯をスマートフォンに変えたのがちょうど1年前ぐらいだったので、それから他の方のブログを読んだりし始めました。

スマートフォンにかじりついて検索ばっかりしまくっていたのは、完璧に仕事とか人生が上手くいっていなかったからだと思います。
本当にいつ死んでもおかしくない状況で、「私以外にも人生苦しんでいる人がいる」と知ることで、踏みとどまってまた一日を生き延びることが出来ておりました。



人間誰しも孤独なモンで、それを埋めるために行動したりして、何らかの充足感を得ようとします。

私の以前いた職場の同僚に私と似たような内向的な方がいて、その方がブログで知り合った方と会った話をしてらっしゃいました。
その話を聞いて、私は「会う」までは出来なくても、ブログを始めてみたら色々な交流が生まれて、自分の性格を変えるきっかけにはなるのではないかーという印象を持ちました。

何について書けばよいのか分からぬまま、とりあえず始めてみることしました。




実際ブログを始めてみて、学ぶことはありました。

ブログを始めたら自分の性格が変わるか、
というと答えは「変わらん」です。

現実の世界で内向的な私はネット上でも変わらず、孤独感が埋まるどころかますます孤独な感じになってきて、始めた当初はガチで落ち込んでました。

最近は以前より落ち込まなくなりました。
慣れですよ。多分。





ブログとは一体何なのだろう。


なんてこと考えながらブログを書いてるのは私ぐらいでしょうね。

自分の崩壊した家のこととか、自分の直らない性格の話を現実で付き合いのあった人に話したことなんてないに等しいですよ。

なぜかというとそういう話をしたら「場の空気を変えてしまうかも」とか、「距離をおかれるかも」と思うからだと思います。


でも人生に必要なのは、そういうことを話せる人が一人でもいることです。
人に言えないことは人に言えないが故に苦しく、人生の逃げ道を塞いでしまったりします。



ブログを書くことで自分自身が変わっていたとしても、本人が気づいていないだけなのかもしれません。
長くブログを続けてる方は自分が初期に書いた記事を読み返すと、変化を感じられるかもしれないですね。


私はブログを通じて変わるのは書いた本人だけではなくて、それを読んだ方の方だと思います。
当たり前と言えばそうなのですが。

紹介してくれた本について調べたり、起きている社会状況について関心を持ったりして、読んだ自分の行動が導かれたりしてるなぁーと感じることがあるからです。


「ブログとは一体何か。」の答えは一通りではないものです。

私のように何も売りがない平平平凡な人間がブログを書いても面白くないと思います。
「人のため」と称しつつ、結局「自分が認められたい」がために書いているのかもしれません。

ただ書いている内容は一つ一つ自分の心に向き合って書いているつもりです。

しょーもない私のブログは世のため人のためならずして情報の洪水に消えていく遭難船ですが、これまで読んでくださった方の力に少しでもなれてたらブログをやってみてよかったと思います。


文章能力とかレイアウトはからっきしダメなので、ブログ書くには向いていないんでしょうね……。