読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夢は夢のまま

教科書もマニュアルもない人生という学校で、共に学び、支え合い、卒業を目指すためのブログ。

縁の下の力持ち

先日仙台城に行った時におみくじを引きました。


年始めの記事でも書きましたが、初詣の時に引いたおみくじ……末吉だったのですよ。
何か今年は波乱万丈な一年になる気がしておりました。


仙台城の入り口付近におみくじがあって気になっていたのですが、一年に何回も引くと何か「浮気した」ような後ろめたさを感じるところもあったのです……。(~_~)

でも帰りに見たらやっぱり気になって、引いてみることにしました。
種類が5つもあってどれを引くか迷いました。

下の写真を右から、
・男みくじ
・女みくじ
・恋みくじ
・普通の(?)みくじ
・強運みくじ
がありました。

f:id:tokIo:20170505090009j:plain

一番右はないとして(笑)、2番と3番目は恋愛系しか載ってなさそうだったので、総合的に載ってるのが欲しかったので左2つで最後悩みました。


やっぱ「強運」って惹かれますよね。



がさごそ…………えいっ!



電車の時間が迫っていたので、その場で見ずに退散しました。




電車の中で広げてみました。
結果は「吉」でした。


書かれている内容が心に染みて、正直うるっとしてしまいましたよ。



「今の縁を大切にすること。我儘をいったり自分勝手に振る舞ったらせっかくの縁も駄目にしてしまいます」



職場を何度か変えましたが、転職活動をして色んな会社を見てきました。


私が新卒で入った会社は、履歴書に書けばほとんどの方が知っている会社でした。

なかなか書類選考で通らなくて、やっと面接で呼ばれて行ってみたら、私自身のことでなく、その会社の業績はどれくらいか聞いてくる会社もありました。

そんなの経理部門でない、しかも一ヶ月しかいないぺーぺーが知るはずもなく、知ってたとしても言えるはずもないのに、そんなことのために呼ぶのは不誠実だと思いました。



でもそういう会社ばかりでなく、今の自分を見て真剣に雇うことを検討している会社もありました。

勿論「最低限経験していて欲しい業務」というのが会社それぞれにあって、書類選考で全く相手にされないケースもあります。


しかもそれも「縁」のうち。
そこに行く運命になかっただけのこと。


元々私はスピリチュアルとか占いとか、ガチで信じてるタイプではないのですが、30うん年の月日を振り返ると、これまでの歩いてきた道に「縁」のようなものがをあるのではないかと思えたのです。



今の会社はまだ3ヶ月ぐらいしかいないので、この先も続けていけるか分からんではあります。

私はかなり不器用で、仕事でイレギュラーなケースが発生するとフリーズしてしまうことが多いです。
それでも周りの方がフォローしてくれてるのを感じて、「頑張らねば」と必死こいてます。


先日利用した施設で、対応してくれた男性がめっちゃ不器用な方でした。
でも彼より若そうな女性従業員の方がフォローに入っていました。


一見「接客業向いてないんじゃね?」と思える人でも、周りの協力があればこなせる場合もあるのだと思います。


どういう人が働いてるかとか、どういう環境かなんて外部からは分かりませんが、辿り着いた場所には何らかの「縁」のようなものがあるかも知れませぬ。

私が働いていた会社がたとえ有名で、自分の好きな商品を扱っていても、自分に合わない環境だったら働き続けられんです。



こうして駄文を世に送り続けているブログも、何かの「縁」で始めたのでしょうかね。
読んでくださった方には、この場を借りてお礼申し上げます。(>_<)