読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夢は夢のまま

教科書もマニュアルもない人生という学校で、共に学び、支え合い、卒業を目指すためのブログ。

今日はレオナルド・ディカプリオの誕生日

私の好きな俳優の一人、レオナルド・ディカプリオは11月11日が誕生日だそうです。
なので私にとって印象深かった彼の出演作品ベスト3を選んでみました。


【1位】タイタニック

あまりにもベタ過ぎて申し訳ないのですが、彼の作品で私が初めて見たのがタイタニックだったもので。(笑)

タイタニックを見に行ったのがちょうど私が中学生ぐらいかな。
夏休みの最終日に、
「夏休みどこも行ってない!つまんない!つまんない!」
って親にぶーたれたんです。
それでちょうどその頃やっていたタイタニックでも見に行くかーという話になりました。


上映時間が3時間ぐらいあって、普通なら「腰いたい」となってくるのですがホント釘付けでした。

私も絵を描くし家も貧しかったので、ディカプリオ扮するジャックの「貧乏な絵描き」という設定だけでもツボでした。
あとジャックとヒロインのローズがくるくるダンス(?)をしたりとか、一緒に居るときがホント楽しそうで、心が通じたらもう身分やら何やらという意識は吹き飛ぶんだと思いました。

一番好きなシーンはジャックがローズの絵を描いているシーンですね。(ローズは裸なのですが…^_^;)

絵描きが描かれている人(ローズ)の人生を見つめている眼差しで、美術館とかで見られる絵画などもこのような思いで描かれていたのかなーと想像しておりました。

まだ人生の入り口辺りにいる私に、人生における一瞬の 輝きを教えてくれた作品です。




【2位】ギルバート・グレイプ

私はディカプリオも好きですが、ジョニー・デップも好きで、2人を追いかけていったらこの作品に辿り着きました。

ざっくりとしたあらすじは、ジョニー扮するギルバートは父親が自殺で亡くなった後、父親代わりのように母親や妹弟たちの面倒を見ていたが、母親の死や彼の前に現れた女性がきっかけとなり、家族がそれぞれ自立していく話です。

ディカプリオは知的障害のある弟役で、すぐどこかに行ってしまったり何かと手がかかる弟で、いつも甲斐甲斐しく世話をしているギルバートも我慢の限界がきて弟に当たってしまったりしていました。

よく大人の事情は子供には分からないと思っていて、実は子供は子供なりに理解しているということがありますが、それと似たような感じで、弟が兄を困らせているのはどこか「お兄ちゃんに甘えてる」からで、ホントは兄を解放しなくてはいけないのを分かっているんですよね。弟のアーニーは。

そのディカプリオ扮する弟アーニーの表情とか演技がホント絶妙で、この作品に一気にハマりました。



【3位】レヴェナント:蘇えりし者

作品の内容自体は迫力があってよかったのですが、ところどころ「ん?」と思えるところがある感じなのですが、ディカプリオがやっとアカデミー賞主演男優賞を受賞したということで。

ディカプリオの父親役というのがどうもしっくりこなかったです。
「息子」ではなく一番年下で目をかけている「仲間」とかだったらしっくりきたのですが、そうなると復讐するまでの動機としては弱まってしまいますね…。この動機がもっと違った内容だったらよりベストだったかなぁと思ったりします。



あとディカプリオの作品では、『仮面の男』とか『華麗なるギャツビー』とかが気に入ってます。
まだ見たことがない作品とかありますので、死ぬまでに制覇してみたいですね。(^_^)v